Works 作品紹介

混構造の家

30代前半の若夫婦が選んだ敷地は与那覇(南風原)の部落、隣近所は代々住み継がれている密集した住宅地のスージ小の一角である。たび重なる打合せの結果、次の4つのコンセプトを基に提案する。

①自然の光と風で心地よく過ごせる住まい。

②無機質な打ち放しコンクリート壁を小屋組表しの天井、足場板を使った床仕上共に杉の ムク材の自然素材で包み込んだ温もりのある住まい。

③どこにいても家族の気配が伝わるオープンな平屋建ての住まい。

④草木や土と触れあいながら暮らせる住まい。

※クリックすると大きい画像が別ウィンドウで表示されます


2003年8月 1日