Works 作品紹介

ウィメンズメンタルクリニック みなみ

「病院らしくない病院、リビングでくつろいでいるかのように」
を コンセプトに木(気) をふんだんに取入れ、
清潔感溢れるナチュラルな色彩で、ホッとできる空間を提案。

初めて訪れる患者さんの不安を和らげる工夫として 
エントランスホールから外部(南庭)に直線的に'抜ける、拡がる' プランとし、さらに待合室、また待合室から診療室へのアプローチ、
相談室など何処にいてもプライバシーは確保しつつ、裏庭や坪庭と連続するよう 自然と一体とした演出で緊張感を少しでもとき解す。

ケアーの一つとして併設した、多目的ホールは朗読会や演奏会、時には講演会が企画運営されて地域との交流の場となる。
オープンテラスのあるカフェは地域の憩いの場であり、時には付き添いの方の待合の場、又診療を終えた患者さんのくつろぎの場として利用されている。

動線は交差しないようにゾーニング計画を配慮している。

 

 

※2010年10月 第8回沖縄建築賞受賞※

※クリックすると大きい画像が別ウィンドウで表示されます


2005年1月 1日